01232021
Last update月, 01 2月 2021 12pm
>>

距離は偉大なアイデアの障害にはならない

ricoh distanceリコーヨーロッパ コマーシャルプリンティンググループ Business Innovation & Solutions Director Erwin Busselot 記
リコーでは、毎年1回以上の「カスタマー・カウンシル」を開催し、欧州全域のさまざまなプロダクションプリンティングビジネスのお客様をお招きして、リコーの市場に対する考えを共有しています。リコーの戦略的な方向性や製品パイプラインについて、専門家の意見を聞く機会を設けています。

今回の協議会の議長は、Mailing and Marketing SolutionsのDanny Narey氏が初めて務めました。
まず、予想通り、drupaのテーマ、将来的にどのような形で開催されるべきか、また開催場所と時期について様々な意見が出された。もちろん、私たちは皆、この非常に愛されているイベントの将来を知りたいと思っている。
評議会のハイライトは、デジタル印刷されたページの数が増えているかどうかについての活発な議論であった。
それは、書籍印刷では非常に明白であるが、ダイレクトメールではそうではなく、デジタル印刷ではなくデジタルコミュニケーションで増加していることが指摘されました。
別の人によると、オフセット印刷は減少しており、コロナウイルスが明らかに促進剤として作用しているとのことです。しかし、若いマーケッターにとって、印刷は彼らの母国語ではありません。
パンデミックが印刷量に与える影響についての議論の重要な側面は、パンデミックがもたらした消費者の行動の変化が一時的なものなのか、それとも長期的なものなのかということであった。
最も成長が見込まれるデジタルアプリケーションについては、パッケージングが大きく増加するというコンセンサスがありました。
今日のオンラインの世界ではEコマース機能を持つことが必須であるかどうかというテーマについても、興味深い意見やコメントが寄せられました。B2B(ビジネス・ツー・ビジネス)とB2C(ビジネス・ツー・コンシューマー)は全く違うという指摘がありました。また、特に電子商取引においては、ハイパーパーソナライゼーションにより、顧客と消費者のオンライン体験を向上させる機会があるという指摘がありました。
E コマースは新規ビジネスにとって大きなチャンスであるが、その導入と習得には課題が多いことが認識された。また、この分野でのリコーの事業開発支援が高く評価されていることが確認されました。
また、東京から参加したリコーの加藤セルジオ専務執行役員商業印刷事業本部長は、「お客様の声を大切にしたい」との考えを強調しました。協議会のメンバーから得た知見や情報は、お客様のビジネスへの投資を確実にサポートするものであると述べられました。
協議会のメンバーから得た知見や情報は、お客様のビジネスへの投資を確実にサポートするものであると述べられ、お客様の豊かな視点や考えが、バーチャルなイベントを後押ししていました。

www.ricoh-europe.com

 

comments

Related articles

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 4475人 と メンバー0人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.