01172021
Last update月, 01 2月 2021 12pm
>>

Stora Enso、Skoghall工場のパルプ・板紙生産能力拡大のためのフィージビリティスタディを開始

Stora Ensoは、スウェーデンのSkoghall工場のパルプ・ボード製造能力の増強・拡大に関するフィージビリティスタディと環境許可申請プロセスを開始することを決定しました。この投資により、すでに強力な工場を、コスト競争力が高く、環境に優しい包装用ボードと漂白針葉樹パルプの総合的な生産会社に成長させることができます。この投資により、世界中の顧客にサービスを提供し、高品質で再生可能な包装材料のプロバイダーとしての地位をさらに確立することができます。

フィージビリティ・スタディでは、既存の総合パルプ生産能力を年間37万トンから78万トンにアップグレードして拡張する可能性と、板紙生産能力を12万トンに増やす可能性を評価します。投資後、工場はほぼ100%に近い状態で統合され、さらに22万トンの針葉樹市場パルプが追加されることになります。これにより、コスト競争力のある板紙生産量をさらに増やすことが可能になります。また、生産に伴う化石燃料のCO2排出量を大幅に削減することができます。最近完了したプレフィージビリティスタディの結果は、投資プロセスの継続を支持するものでした。
フィージビリティスタディと環境許可申請プロセスを経て投資が承認された場合、アップグレードと拡張のための資本支出は約8億~8億5,000万ユーロと見積もられています。フィージビリティスタディは2021年末までに完了する予定です。生産開始は最短で2023年第4四半期となります。現在、Skoghall工場の年間生産能力は885,000トンの包装用板紙を生産しています。
"Skoghall Millは、当社の包装材料のコアとなる統合プラットフォームの一つです。今回の投資は、当社の成長と顧客サービスの柔軟性を高め、消費者の間で増加する持続可能な包装に対する需要に対応することを可能にします。今回の投資は、包装事業の成長を加速させるとともに、規模の経済性と統合効果に基づいて工場の競争力を高めるという当社の戦略に沿ったものとなります。また、液体包装用ボードやコーティングされた未晒クラフトなどの魅力的な包装最終用途セグメントにおける収益性の高い成長の可能性を強化することになります。スコッホホール工場の拡張については、フィージビリティ・スタディが完了した後、地元当局への環境許可申請プロセスの結果を待って決定されます」と、ストラ・エンソの包装資材部門のEVP、ハヌ・カスリネンは述べています。
www.storaenso.coom

 

comments

Related articles

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 4990人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.