08112022
Last update木, 11 8月 2022 8am
>>

さまざまな基材に対応した信頼性の高いデジタル制作が可能

Xeikon PX2オリンピックのモットー「Faster - Higher - Further 」は、アスリートと同じようにデジタルラベル印刷機にも当てはまります。一方、ラベル印刷の分野では、個性的なパーソナライズラベルがますます重視され、短期間のプロモーションでは特殊なラベルが必要となり、また、製品・商品マーケティングの急速な変化によりランタイムが短くなっていることが原因となっています。

今年のラベル印刷では、できれば無駄なく迅速にジョブを変更することが求められています。同時に、品質も向上させるべきで、高解像度化に加え、より洗練されたもの、珍しいフォーマットなど、最終顧客や視聴者の目を引く機能がますます注目されるようになっています。
アナログの長距離ランナーが、デジタル分野では短距離のスプリンターへと変貌を遂げつつあるのです。どちらも走る種目を選んでいますが、その仕様上、異なる特性や能力が必要です。もちろん、どちらにも存在意義があります。この例えは、ラベル印刷にも当てはまります。ここでは、その一部をご紹介します。
キヤノン:LabelStream 4000
デジタルラベルの生産は、キヤノンがUVインクジェット技術をベースにした「LabelStream 4000」で対応しています。印刷解像度は720×1080ドット/インチで、印刷幅は300ミリと410ミリが用意されています。速度は時速75mです。6色構成で、白は高い隠蔽性を発揮するとのことです。デジタル印刷機には、Xaar社のピエゾ式ドロップオンデマンドプリントヘッドが搭載されています。また、プリントユニットはハイブリッド印刷機にも使用可能です。
ドミノ:インク循環システム
Dominoの最上位機種であるN610iは、ウェブ幅333mm、最高速度75m/分の印刷が可能です。非食品接触用途(GMP、スイス条例、ネスレ、ユーピアに準拠)向けのUV90 UVインキとUV95(7色:CMYK+OVW)の2種類の6色インキセットを用意しています。UV95は非CMRインクです。印刷解像度は600×600ドット/インチ。インク循環システムにより、安定したインクを供給し、信頼性を高めています。
Durst Tau RSCDurst: Tau RSCプラットフォーム
イタリアのDurst社は、Tau RSCi、Tau 330 RSC E、Tau 330 RSC E LM、Tau 330 RSCと、MEMSベースのプリントヘッド技術を採用したラベル印刷用インクジェットモデルを4機種ラインナップし、印刷解像度1200×1200ドット/インチを実現しています。Tau 330 RSCは、最高80m/分の印刷速度を達成し、8色のカラーステーション(CMYK+O+V+G/オプションでW)を装備しています。印刷幅330ミリ、生産性1584平方メートル/時というスペックも魅力です。Tau RSC E LMは、EUPIA、スイス条例、ネスレの規制に準拠した低移行性インクを搭載しています。 本機は、標準カラー構成のCMYK+B+O(Wオプション)で提供されます。印刷幅は330ミリで、1時間当たり1030平方メートルの生産性を実現しています。CMYK+O+V+G(Wオプション)の標準カラー構成を持つTau 330 RSC Eは、最大1030平方メートル/時の生産性と330ミリメートルの印刷幅で、幅広いアプリケーションに対応します。プリント幅は330mm、420mm、510mmの3種類で、フラッグシップモデルのTau RSCiが登場します。標準の色構成は、CMYK+O+V+G(オプションでW)です。生産性は、プリント幅に応じて1584/2016/303平方メートル/時です。
epson surepress l6534vw 1 midエプソン:自動ノズルテスト
エプソンは、デジタルインクジェットラベル印刷機「SurePress L-6534VW」と「SurePress L-4533AW」の2機種をラインアップしています。SurePress L-6534VWは、毎分50メートルの速度に達し、最大印刷幅は330ミリメートルです。基板厚は80~320μm、印刷解像度は600×1200dot/inchに指定されています。UVインク(CMYK+ニス+W+保存液)を最大7個搭載可能で、インクヘッドには自動ノズルチェックを搭載しています。SurePressインキは、食品と接触することを意図した材料および物品に関する欧州枠組み規則(EC No. また、屋外や産業環境での耐久性要件も満たしています(BS560922、UL9693認定)。SurePress L-4533AWには、ホワイトを含む7色も用意されています。これは水性顔料インクで、最大印刷幅315.2×914.4ミリの基板に、VSDT(可変サイズ液滴技術)を使って噴射するものです。印刷解像度は最大720×1440ドット/インチです。厚さ80~320ミクロンの素材を最大8.2m/分の速度でプリントすることが可能です。
ガルス:シングルカラーピンニング
Gallus Labelfire D2は、7色印刷(CMYK OGV)に加え、オプションで白を追加することが可能です。1200×1200ドット/インチのプリント解像度と単色ピンで、最高70m/分の速度でシャープなプリント結果を実現します。Labelfire D3 モデルには、インライン仕上げ、コールドフォイル仕上げ、ダイカットも含まれますが、4 色のみで、オプションで白を追加できます。Moell Labelfire D4は、Labelfire D3とは異なり、7色印刷(CMYK OGV)に加え、オプションでホワイトの印刷が可能です。さらに、「Labelfire D4 vl」「Labelfire D4 cf」モデルも用意されています。モデルの最大印刷幅は340ミリメートルで、基材の厚さは50~350ミクロンです。基板拡張パックは、20~450ミクロンの軽量基板、チューブラミネート、薄膜に対応しています。オプションの低移行性インクは、スイス条例、ネスレ・ガイダンス、ユーピア、GMPガイドラインに準拠しています。
Hapa H 900 WDHapa:6色印刷
Hapa H-900 WDは、印刷速度が毎分54メートル、最大印刷幅が360ミリメートルです。UVラベルプリンターの印刷解像度は720ドット/インチです。基板の厚さは0.2ミリと規定されています。メーカーによると、この機械はすでにインダストリー4.0に対応した設計になっているとのことです。
HPです。4種類のモデル
HPは、EletroInkで印刷するHP Indigo 6k, 8K, 25K, V12 Digital Pressの4シリーズのデジタル印刷機をラインナップしています。6Kモデルでは、単色または2色モードで最高60m/分(4色モードでは30m/分、拡張プロダクションモード(EPM)では最高40m/分)の印刷速度を実現しています。解像度は最大2438×2439ドット/インチ、最大幅は340ミリで、12~450ミクロンの基板に対応します。8Kモデルでは、最高80m/分(EPM)、4色モードでは最高60m/分のプリント速度を実現します。最大プリント幅は340mmです。12ミクロンから450ミクロンまでの基材に両面印刷が可能なプロダクションモデルです。HP Indigo 25Kは、特に軟包装印刷用に設計されています。最大印刷幅746mmで、最高42m/分(4c 31m/分、5c 25m/分)の速度を達成しました。10ミクロンから400ミクロンのメディアへの印刷が可能なモデルです。V12モデルには、新技術「LEPx」が搭載されています。最高速度120m/分、12色印刷が可能です。印刷中にその場でトナーカートリッジの交換が可能です。印刷解像度は最大1,600ドット/インチで、インラインプライミングユニットにより、厚さ12~450ミクロンの幅広い基材に鮮明な印刷画像を実現します。
apex 1290イシスレーベル:トナー式プリントミラー
Apex 1290は、トナーを使用した4色(CMYK)ラベルプリンターで、最高速度9.14m/minを達成します。最大プリント幅は320mm、解像度は1200×600ドット/インチです。
KM AccurioLabel 230 Flexo Printing Unit studio picture upper left 1コニカミノルタ:シミトリーHD Eトナー技術
コニカミノルタは、成功したAccurioLabel 230で、1200×1200ドット/インチの解像度のトナーベースのラベル印刷ソリューションを提供しています。コニカミノルタのソリューションの印刷速度は、基材の種類に応じて、23.4(標準)/ 18.9 / 13.5 / 9.45 メートル/分です。両ワインダーに搭載されたウェブガイドシステム(BST)と最大320mmのプリントイメージ幅により、歪みのない鮮明なプリントイメージを実現します。
マーク・アンディ:オプションのデコレーションとコンバーティング
Digital Proは、マークアンディのデジタルラベル印刷機です。最高速度23.4m/分、解像度1200ドット/インチの乾式トナーCMYK印刷機です。インラインでフレキソ加飾やコンバーティングを行うためのモジュールもオプションで用意されています。
Mouvent LB701 UV 01 9ab0bc0cb0Mouvent: UVベースのインクジェットプリント
ムーベントは、2つのモデルでデジタルラベル印刷市場に参入しています。Mouvent LB701-UVおよびMouvent LB702-UVデジタル印刷機は、印刷解像度1200×1200ドット/インチで、最大6色+白のカラー構成が可能です。最大撮像幅は17.01ミリ(LB701-UV)、34.03ミリ(LB702-UV)です。プリント速度は70.1m/分(LB701-UV)、100.58m/分(LB702-UV)を実現しました。また、Mouventデジタルプリンティングユニットはハイブリッド印刷機にも使用でき、現在Bobst Master DM5に実装されています。
Nilpeter PANORAMA DP3ニルピーター UVインクジェットインク、低移行性インク
このUVインクジェット印刷機は、毎分35m、35m、50mの速度で、白を含む4色(CMYK)の印刷が可能です。オプションでオレンジを追加することができます。低移行性インクも使用可能です。印刷解像度は600×600ドット/インチ、最大印刷幅は322mmです。
Screen SAIスクリーン SAIでさらに鮮やかな色に
当社は、ピエゾ方式のシングルパス印刷機能を搭載したラベル用インクジェットデジタル印刷機「Truepress Jet L350UV SAI」、「Truepress Jet L350UV+」「L350UV」の3機種を提供しています。Truepress Jet L350UV SAIは、特に優れた色再現性を必要とする印刷業者向けに設計されています。このモデルは、CMYK+O+Bを最高60m/分の速度で、600×600ドット/インチのプリント解像度で印刷します。最大印刷幅は322mmで、0.04mmから0.35mmまでの基材を印刷することが可能です。初期設定はCMYK+Wですが、CMYK+W+O、CMYK+W+B、CMYK+W+O+Bも選択可能です。Truepress Jet L350UV+シリーズには、低移行性インク(L350UV+LM)も用意されています。最大解像度600×600ドット/インチ、最高速度60m/分を実現しました。メディアの厚みは0.04~0.35ミリ、印刷幅は322ミリを提供。このデジタルプレスシリーズは、CMYK+W+O/B、CMYK+W、CMYK+O/B、CMYKの構成で提供されています。
Trojan Label T2 Cトロージャンレーベル: コンパクトな印刷機
Trojan Labelのラベル印刷機は、CMYK染料インクを使用したMemjetプリントヘッド(モデルT2およびT2lC)を搭載し、1600×1600ドット/インチの印刷解像度を実現しています。これにより、152mm/秒、305mm/秒のプリント速度を実現しました。T2モデルの最大プリント幅は223ミリで、厚みは1ミリあたり4〜12ドットとメーカーから指定されている。T2-Cモデルは、150mm/秒または300mm/秒の速度を実現し、プリント幅や解像度、基板の厚みはT2モデルと同じです。CMYKの水性Naturaインク、1600×1600ドット/インチのプリント解像度、最大223ミリのプリント幅で、T2-Lモデルはその姿を現します。最高速度は毎分18メートルに達します。インラインラミネートが可能なモデルです。インラインで仕上げるデジタルラベル印刷は、「T4」モデルで提供します。染料インクによるCMYK印刷で、解像度は1600×1600ドット/インチ、速度は150mm/秒または300mm/秒です。プリント幅は223mmで、1平方メートルあたり50〜200gの基材をプリントすることができます。
Xeikon CX30 Xeikon CX50 CX Units 1 copyXeikonドライ・トナーとCheetah 2.0テクノロジー
ゼイコンは、トナーベースのラベル分野において、「CX30」「CX50」「CX300」「CX500」の4機種を発売します。Cheetah 2.0テクノロジーと食品安全認証を取得したXeikonドライトナーを搭載し、解像度1200ドット/インチ、基材厚さ40~550ミクロン、重量40~350グラム/平方メートルの輪転機を実現しました。標準では5色印刷機(CMYK+W)ですが、オプションでスポットカラーやカスタムカラーを搭載することも可能です。特殊色として、White、RGB、ExtraMagenta、SuperBlack、Clear(UV反射)、Orange、MattSilver、PalladiumSilverがあり、セキュリティ用途にも製作可能です。プリント速度は、5色モードで最大33m/分(CX30、CX50)、49.7m/分(CX300、CX500)となっています。最大撮像幅は、32.259cm(CX30、CX300)、50.8cm(CX50、CX500)です。オプションで「Xeikon Label Discovery Package」を提供しています。エントリーレベルのラベル印刷業者などは、REXプログラムを通じて、新品のXeikon印刷機と同じ保証条件の整備済印刷機を購入することができます。印刷物へのデジタル装飾は、Fusion技術で実現することができます。インクジェット印刷の分野では、3つの機械から選ぶことができます。UVベースのピエゾドロップオンデマンド技術を採用したXeikon PX2000、PX3000、PX30000は、LEDと水銀を用いたキュアリングを採用しています。エントリーモデル「PX2000」は、最大プリント幅220mm、最大プリント速度50m/minを実現。色構成は、4色(CMYK)と5色(CMYK+W)から選択できます。基材重量は1平方メートルあたり60~350グラムまで処理可能です。PX3000は、最大撮像幅が330mmとなったものの、ほぼPX2000と同じ仕様のモデルです。XeikonのインクジェットプリンターのフラッグシップモデルであるPX30000は、6色(CMYK+O+V)または7色(CMYK+O+V+ダブルホワイト)構成で、PantherCure UV XTインクを搭載しています。また、マイグレーションレートを低減したUVインキ「PantherCure XT-E」を搭載することも可能です。最大画像幅333mm、白ありの高品質モードでは最高50m/分、高速モードでは70m/分の速度、さらに基材重量60~350g/m2により、高品質の印刷が可能です。メディアの厚みは90~360ミクロン。

comments
  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 4732人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.