07112020
Last update水, 08 7月 2020 11am
>>

スイスの新司令官CL

ソメディアパートナーAGは、印刷に焦点を当てています。
最高性能クラスのリーディングプロバイダー
司令官が競合機を入れ替え
欧州の新聞社がケーニッヒ&バウアーを選択

スイスのメディアハウスSomedia Partner AGは、ケーニッヒ・バウアー社の高度に自動化された新聞印刷機に投資しています。コマンダーCLは、サンクトガレン・ライン渓谷のハーグにある印刷センターに、競合他社の印刷機に代わるものとして設置され、来年の夏に稼働する予定です。
この新しい印刷機は、毎日12万紙以上の日刊・週刊紙の印刷に使用されます。Somedia Partner AGのマネージングディレクター、Urs Zieri氏は、「私たちは新しい印刷機への投資を望んでいましたし、実際に必要でした。ケーニッヒ&バウアー社との話し合いは簡単で、最初からパートナーシップを重視していました。全体的なパッケージは、単純に正しいと感じました。私たちは、ケーニッヒ・バウアー社を選んで正解だったと確信しています。
コマンダーCLは、3つの4段タワー、KF 5ジョーフォルダー、セクションスティッチャー、ストリッピングステーションとPatras A紙リール搬送システムを備えた3つのPastomatリールスタンドで構成されています。
過去数年間、ヨーロッパの新聞印刷会社は、ケーニッヒ・バウアー社製の最高性能クラスの印刷機を頻繁に選択してきました。"一般的な市場の状況を考えると、Somedia Partnerのような企業が印刷を信じて投資をしているのを見て、私たちは嬉しく思います。また、新聞印刷機の受注にも非常に満足しています。さらなるプロジェクトはパイプラインの中にあり、すぐに決定が下されることが期待されます。特に、新たな投資を行う際に需要の高い製品は、柔軟性があり、実践的で自動化された印刷機であり、コマンダーCL、コマンダーCT、コルチナに代表されるトリオは、この点で優れたイメージを持っています」と、ケーニッヒ&バウアーデジタル&ウェブフェッドのセールスディレクター、シュテファン・セグガー氏は述べています。
3つのパートナーと近代的な印刷センター
ソメディアパートナーAGは、3つの独立した出版社で構成されています。Somedia AG、Sarganserländer Druck AG、Vaduzer Medienhaus AGの3つの独立系出版社で構成されています。Südostschweiz、Sargansererländer、Liechtensteiner Vaterlandを含む8つの地方の日刊誌を制作しています。週末には、ハーグのSomedia Partnerプリントセンターの約50名の従業員が、週刊誌「Liewo」と「the Schweiz am Woendechen」を制作しています。
www.koenig-bauer.com

 

comments
  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 3102人 と メンバー0人 がオンラインです

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.