01172021
Last update月, 01 2月 2021 12pm
>>

Eskoは、受賞歴のあるPrint Control Wizard 20.1を発売し、ポストプリントの段ボールフレキソ印刷の品質を飛躍的に向上させます。

esko pcw plate1新しいソフトウェアは、段ボールコンバーターに3つのメリットをもたらします。

Eskoは、受賞歴のあるPrint Control Wizardソフトウェアの最新バージョンをリリースし、ポストプリント段ボール市場向けに最適化されたスクリーニング機能を拡張しました。
このソフトウェアの新バージョンでは、イメージング解像度、露光設定、プレート、基材、アニロックス、印刷タイプ、インクなど、すべての重要な印刷パラメータと変数を使用して、ポストプリント段ボール生産のフレキソ製版プロセスを簡素化しています。プリントコントロールウィザードは、プレートのハイライト領域のマイクロセルの生成を標準化します。
"オペレーターは、直感的なウィザードスタイルのユーザーインターフェースを利用して、強力な機能を引き出し、迅速かつ簡単に高品質のフレキソプレートを作成することができます。"波形クリスタルスクリーンは、リサイクルボードライナーに関連する問題に対処し、段ボールポストプリントのコンバーターに印刷品質の向上や、印刷品質が目的でない場合はインクコストの削減の機会を提供します。このスクリーンは、当社の最新のCDI Optics 100技術を使用して画像化することができ、毎時10m2の速度で版を作成することができます。Crystal XPSを利用することで、段ボール市場に新しいレベルの版品質と一貫性をもたらします。"これは、貿易店と段ボールポストプリントコンバーターの両方にとって、明らかにメリットがあります」と述べています。
印刷およびパッケージング部門向けの統合ハードウェアおよびソフトウェアソリューションのグローバルサプライヤーであるEskoは、スクリーンおよびドットゲインカーブの実装を簡素化したいという業界の声に応えて、Print Control Wizardを開発しました。
"当社の目標は、フレキソ印刷の専門家にスクリーンとカーブの作成を標準化および簡略化するツールを提供し、プロセスに追加のステップやチェックを加えることなく最高の品質の結果を得ることでした」とRobert氏は述べています。"Print Control Wizardが数々の業界トップの賞を受賞した後、私たちは新しい機能強化の開発に精力的に取り組んできました。
顧客の印刷の一貫性とパフォーマンスを向上
英国マンチェスターのデューキンフィールドにあるContact Originators Groupは、Eskoのベータテストパートナーであり、パッケージ作成、グラフィック管理、フレキソ製版への革新的なアプローチで知られています。英国とヨーロッパ全域で事業を展開する同社は、英国で初めて段ボール業界で Esko HD Flexo の認定を受けたフレキソ製版会社です。
"Contact Originators社のゼネラルマネージャーであるニック・ミッチェル氏は、次のように述べています。"今日では、コスト削減のために低グラムやリサイクル素材が市場に出回るようになっており、お客様の印刷の一貫性とパフォーマンスを向上させるための新しい方法を常に模索していく必要があります。
"私たちの仕事は、お客様の印刷機を可能な限りスムーズに稼働させ、グラフィックインパクトを最大化することです。"ここでPrint Control Wizardの出番です」とNick氏は述べています。
Esko Print Control Wizardを使用することで、版のクリーニングと準備時間のための印刷機の停止時間が短縮され、装置全体の効率が向上します。また、このソフトウェアが製版にもたらす一貫性により、印刷会社は固定パレット印刷に移行することができます。
Contact Originatorsのプリントイノベーションマネージャー、レス・ジョーンズ氏は、次のように付け加えています。「Print Control Wizardを使用してわかったことは、プレートの一貫性が向上し、より迅速に生産できるようになったということです。しかし、当社のプリンタの顧客、そしてその顧客であるブランドにとっては、このソフトウェアが本当に際立っているというメリットがあります。
"印刷業者は、最終的な印刷結果をより短時間で改善し、それに伴う材料やインクの無駄を改善していると報告していますが、これはコストと持続可能性に焦点を当てた今日の業界では、本当のボーナスです。

"印刷制御ウィザードを使用することで、当社の顧客はインクの配合量を最大20%節約できると推定しています。"また、プリントコントロールウィザードを使用することで、1枚のプレートからソリッド、トーン、テストワークを印刷することができます。実際のところ、これは彼らが使用するプレートの数を節約していることを意味し、セットアップ時間やインク消費量を削減していることを意味します。"

もともと2019年にリリースされたPrint Control Wizardは、Label Industry Global Awardsの「Award for Innovation」や、Flexographic Technical Association(FTA)およびEuropean Flexographic Industry Association(EFIA)のTechnical Innovation賞など、業界トップの賞を多数受賞しています。

2020年11月23日から利用可能で、段ボール用Print Control Wizard 20.1の詳細を知りたい方は、新しいEsko Innovation Hub(www.innovation.esko.com)にアクセスすることで、仮想環境でEsko Software 20の革新的なポートフォリオを独自に理解できるように設計された、新しいEsko Innovation Hubを利用することができます。ユーザーは、Eskoの最新の統合ハードウェアおよびソフトウェアソリューションを自分の時間に合わせてナビゲートし、洞察力や技術情報にアクセスし、ビジネスの生産性、効率性、収益性を向上させる新しい方法を学ぶことができます。
www.esko.com

 

comments

Related articles

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 5072人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.