08102022
Last update水, 10 8月 2022 8am
>>

SCREENとNPO法人「天才アートKYOTO」、障がいのある人の芸術創作活動の支援に関する協定を締結

2022年4月25日、株式会社SCREENホールディングス(以下、SCREEN)と特定非営利活動法人障碍者芸術推進研究機構~愛称「天才アートKYOTO」(以下、天才アート)は障がいのある人の芸術活動の振興と社会参加を促進し、さらには共生社会の実現を目的として、芸術創作活動等の支援に関する協定を締結しました。


小森コーポレーション 2022 年カレンダーが日本 BtoB 広告賞で銀賞を受賞

株式会社小森コーポレーション(東京都墨田区、代表取締役社長:持田哲)は、日本BtoB広告協会が主催する「2022年日本BtoB広告賞」のカレンダー部門において、銀賞を受賞しました。

Print Against War:ウクライナに支援を届けよう

ロシアのウクライナ侵攻により、人命が失われ、混乱に陥り、財産やインフラが破壊され、数百万人の生活が日々脅かされている。ウクライナの人々が最も深く必要としている時に、できる限りの支援と援助を行うことは、私たち人間の義務です。

第3回drupaプレビューデーの一環としての知識移転、ネットワーキング、インタラクション

drupapreview website12月8日(火)、drupaは第3回目となるdrupaプレビューデイズにご招待します。コミュニティにおけるネットワーキングと知識移転の必要性を促進するために、業界の専門家とパートナー協会が、ライブのウェブセッションとパネルディスカッションで将来のトピックを発表します。印刷業界の現在の変化をグローバルな視点で捉え、アディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションやパッケージング印刷の分野でのアプリケーションや用途について、第3回目のプレビュー・デイで解説します。持続可能性の重要性が高まっていることは、パネルディスカッションとカンファレンスエリアでのビデオの両方で説明されます。

drupa 2021は中止され、「virtual.drupa」としてオンライン化されることになりました。

drupa世界有数の印刷技術の見本市であるdrupaの2021年版は、出展者やパートナー企業との綿密な協議の結果、コロナウイルスのパンデミックの影響を受けて開催を中止することになりました。次回は予定通り2024年5月28日から6月7日まで開催されます。それまでの勢いを維持するために、主催者は「virtual.drupa」と題した4日間のデジタルイベントを、当初予定されていた2021年4月20日から23日までの期間に開催する予定である。

IPIAが12月にEPICカンファレンスを開催、同じラインナップでも風景が違う

ipia EPIC 960 x 640 pxIndependent Print Industry Association(IPIA)の2019年EPICカンファレンスに参加したマーケティングのスピーカーたちが、2020年の厳しいCovid-19の条件の中で彼らのアドバイスがどれだけ効果的であったかを振り返るために、今年の12月に再び「ステージ」に戻ってくる。

drupaプレビューは第2ラウンドに突入。会議エリアでの新しいライブウェブセッションとインプット

drupapreview website17.11日には、新しい講義とティーザービデオがデジタルプラットフォームのdrupa preview上で公開されます。ジャック・ストラッテン、フォンス・プット、デボラ・コーンなどの国際的なスピーカーが業界のトップ・トピックを発表し、来場者はライブ・ウェブ・セッション中に彼らと交流したり、質問をしたりする機会を得ることができます。会議エリアでは、drupa特別フォーラムを中心とした短いプレゼンテーションを行い、追加的な情報を提供します。アキム・ハルパップ氏やマイケル・ゲイル氏などの講演者が、印刷業界の未来に向けて衝動を与える。

新しいパンデミックの世界での次のステップを見極める

RicohBlogNextStepsリコーヨーロッパ コマーシャルプリンティンググループ 事業開発マネージャー マーク・ヒンダー 記
パンデミックの影響が続いており、当面の間、私たちの労働生活のすべてを形作ることになると思われる中、プリントサービスプロバイダー(PSP)はどのようなステップを検討すべきなのでしょうか?

drupaプレビューの立ち上げが成功すると、デジタルネットワークが強化されます

drupapreview websiteデジタルプラットフォームdrupaプレビューは10月27日にオープンしました。 1.900人を超える関心のある訪問者が、観客としてパネルディスカッションやライブWebセッションに参加し、ビデオ基調講演を通じて現在の問題に関する貴重な意見を受け取り、出展者や業界のプレーヤーと事実上つながりました。 「展示スペース」、「会議エリア」、「ネットワーキングプラザ」の3つのエリアは、drupaの基盤をデジタルで反映しており、現在と次のライブイベントの間のコミュニケーションニーズを橋渡しします。

その他の記事...


  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 5824人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.