07052020
Last update土, 04 7月 2020 8pm
>>

科学者は職場の最低湿度を要求する

コビッド19の危機の結果として、世界的な請願書は、世界保健機関(WHO)に対して、商業施設や公共施設における最低空気湿度の明確なガイドラインを定めるよう求めています。この嘆願書は、平均湿度レベル40~60%が呼吸器の感染を防ぐことができることを示す数多くの研究に基づいています。

革新的なハイテク材料のための新しい分子

レアアースは、その特殊な特性から、多くのハイテク製品の構成要素となっています。カールスルーエ工科大学(KIT)の科学者たちは、これらの元素の新たな可能性に取り組んでいます。研究チームは、希土類を用いたいわゆるサンドイッチ複合体を製造しており、将来的には、より強力な記憶媒体やディスプレイのための新しい分子材料としての役割を果たす可能性がある。ドイツ研究財団(DFG)は、ラインハルト・コゼレックのプロジェクトとして50万ユーロの資金提供を受けて先駆的な研究を行っています。

コンピュータ科学者が仮想世界を手触りの良いものにする

森の中の散歩:足元の柔らかい苔を感じたり、腐った枝や小枝が出てきたときに折れたり、木の樹皮がギザギザになっているのを感じたり。このような印象は触覚で知覚されるため、これまでデジタルの世界には否定されてきました。このたび、ザールランド大学のコンピューター科学者、Paul Strohmeier氏は、このような触覚を人工的に発生させることができる新しいプロセスを開発しました。これにより、バーチャルリアリティや「拡張現実」を本当の意味で理解できるようになりました。このテーマに関する彼の論文は、現在、人間とコンピュータの相互作用のための世界最大の会議で授与されています。

comauは、電化産業のためのバッテリーとエンジン開発のための高度に専門化されたレーザーラボを紹介します。

- 社内の特別な研究所では、電気モーターやバッテリー用のレーザー溶接プロセスを開発し、最適化しています。

- Comauのレーザー溶接は、非常に異なる特性を持つ複数の材料を使用する場合でも、正確で効果的な接合を保証します。
- Comau NJ-220ロボットとPrima Electroと共同開発した革新的なLHYTE(Laser Hybrid Technology)システムを使用した実験装置
- 研究室では、時間とお金を節約するために、新しい手術法を簡単に実験することができます。

世界初!金属ワイヤー以上の熱・電気伝導性を持つ高強度繊維 カーボン・ナノチューブ繊維の開発について

帝人グループでアラミド繊維の生産・販売を展開しているテイジン・アラミドB.V.(本社:オランダ・アーネム市、社長:ゲーテ・W.フレデリクス)は、このたび、ライス大学(Rice University、米国テキサス州ヒューストン市)などとの共同により、金属ワイヤーと同等の電気伝導性、および金属ワイヤーを凌駕し、グラファイト繊維に匹敵する熱伝導性(いずれも同重量比)を実現する、カーボン・ナノチューブ(CNT)*1 100%による繊維を開発しました。これらの性能はいずれも世界初のものです。

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 3964人 と メンバー1人 がオンラインです

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.