10232020
Last update金, 23 10月 2020 1pm
>>

Shuttleは生体認証技術を搭載したデジタルサイネージディスプレイを発表します。

shuttle 70a94970b4Shuttleは、ロングバータイプのデジタルサイネージディスプレイで垂直市場向けの製品ポートフォリオを拡大しています。指定D230の下で、すぐに使用可能な看板プレーヤーは、小売店の棚の広告のために特別に設計されています。内蔵カメラにより、生体認証によるターゲットグループ固有のコンテンツの表示が可能になります。23.1インチの明るい画面は、POSで直接異なる広告メッセージを伝える最大4つのセグメントに分割することができます。


NECディスプレイソリューションとブライトサインは、デジタル・サイン・ソリューションを提供しています。

NEC BrightSign compiimageMenuBoardNECディスプレイソリューションとBrightSign, LLC®は、デジタルサイネージ機能を統合した大判ディスプレイのファミリーを提供するために協力しました。NEC MultiSync Vシリーズの大判ディスプレイの全製品は、BrightSign OPSデジタルサイネージメディアプレーヤーを搭載しています。

screenFOODnetが20周年を迎えました。

screenFOODnet neues design version 12.1従業員27名のスイスのデジタルサイネージ市場のリーダーは20歳と若い。2000年7月にルツェルン社が礎石を築いたとき、フラットスクリーンもUSBメモリもなかった。デジタルサイネージ」という言葉すらまだ生まれていなかった。しかし、スクリーンフードネットはすでにデジタルコンテンツとその効果、そしてそれを利用するさまざまな方法に集中的に取り組んでいました。今日、screenFOODnetは、「Die Schweizerische Post」、「Denner」、「die Mobiliar」などの大企業が同社のソリューションを利用していることを誇りに思っています。

ホームオフィスの生産性を高める

現在、ドイツ人の大多数はホームオフィスで仕事をしています。職場をホームオフィスに移した場合、これはもちろんメリットだけではありません。多くの人にとって、それは大きな変化を意味します。人によっては、最初は魅力的な在宅ワークのアイデアを見つけるかもしれませんが、その後、一人でいることに対処するのは難しいと感じ、取り残された感じを見つけることができます。また、定型的な事務処理が抜けているため、ホームオフィスの生産性が低下することもあります。

パナソニック、世界最大級の総合展示会「CES2015」に出展 最新家電や企業向けソリューションを一挙披露。現地から連日映像配信も

パナソニック株式会社は、2015年1月6日から9日まで、米国ネバダ州・ラスベガス市で開催される世界最大級の総合展示会「2015 インターナショナル・コンシューマー・エレクトロニクスショー(以下、CES2015)」に出展します。

4Kタブレット端末を利用した「オンライン校正支援システム」を開発

印刷物と同等の高精細表示と色調表現によりデジタルデータでの校正作業を実現

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、パナソニック株式会社の4K*1タブレット端末「タフパッド4K*2」を利用して印刷物の校正作業をオンラインで行えるシステムを開発しました。

名画の中に飛び込むなど楽しくてわくわくする7つの鑑賞システムをパッケージ化して提供!

写真(左)利用者は絵が投影されている空間へ入り、絵の全体像を鑑賞します。  写真(中)この空間では、利用者は前後左右に自由に動き、さまざまな視点から絵を鑑賞できます。  写真(右)体験を通じて、この絵には多くの注目すべき部分があることが実感できます。展示施設やショールーム向けに低価格・短納期で提供

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、展示施設やショールーム向けなどに開発してきた7つのインタラクティブ鑑賞システムをパッケージ化して、低価格・短納期で提供します。これらのシステムは、画像合成やセンシング、マルチメディアの技術を組み合わせ、利用者の動きに連動して異なる体験ができるインタラクティブ性があり、「名画の中に飛び込む」「オリジナルデザインを実物に」「壁をくりぬいて向こうを見る」など、今までにない体験を提供します。

藍色光標伝播集団とクリアチャンネル・アウトドアが中国有名ブランドの米国での宣伝に向けて提携

世界最大手の屋外広告会社のクリアチャンネル・アウトドア(NYSE:CCO)と中国最大手のPRグループの藍色光標伝播集団(ブルーフォーカス・コミュニケーション・グループ)(BFCG、300058.SZ)は本日、中国の有名ブランドを米国の消費者に宣伝するための画期的な複数年契約を発表しました。宣伝は、クリアチャンネルがタイムズスクエアと米国の主要空港に所有するデジタル屋外メディアを通じて実施され、空港はサンフランシスコ国際空港(SFO)から始めます。クリアチャンネル・アウトドアは、クリアチャンネル・スペクテイターがタイムズスクエアに所有し、そしてクリアチャンネル・エアポーツがSFOに所有するユニークで強力な資産を活用する優れた提案をBFCGのために開発しました。BFCGは、今回のプロジェクト運営に向けて投資を行い、新たに北京藍色天幕伝媒広告有限公司を設立しました。

オリックス・レンテックと協業し、デジタルサイネージ機器のレンタルサービスを開始

期間や用途に合わせて最適なデジタルサイネージが低コストで利用可能に

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、測定機器や情報関連機器などのレンタル事業を展開するオリックス・レンテック株式会社と協業して、デジタルサイネージ(電子看板)機器のレンタルサービスを6月17日に開始します。

当サービスは、数日~1年未満の利用に適した「短期レンタルメニュー」と、1年以上~5年程度の利用に適した「長期レンタルメニュー」があり、DNPオリジナルのデジタルサイネージ向けコンテンツ配信システム「SmartSignage(スマートサイネージ)」も合わせて提供します。これにより企業は、利用期間や用途に応じた最適なデジタルサイネージを、よりスムーズに、かつ低コストで導入することができます。

モバイル端末の業務利用ソリューションの導入をトータルサポート

NTTドコモとシステム販売パートナー契約を締結

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、企業がタブレット端末やスマートフォンなどを利用して業務を改善するソリューションの導入をトータルに支援するサービスを6月5日に開始します。


  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 2659人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.