10312020
Last update金, 30 10月 2020 10pm
>>

サービスロボットブーム:世界の売上高は32%増加して112億ドル

ifr Service Robots 2020 a Messe Munchen世界中のプロフェッショナルサービスロボットの売上高は32%増加して112億米ドルになりました(2018-2019)。今年、市場はCOVID-19の大流行からさらに刺激を受けるでしょう。これは、たとえば、消毒ロボット、工場や倉庫のロジスティクスロボット、または正面玄関に商品を配送するためのロボットに対する大きな需要を示しています。これは、国際ロボティクス連盟(IFR)が年鑑World Robotics 2020-ServiceRobotsの発行で報告しているものです。


Boom des robots de service : les ventes mondiales augmentent de 32 % pour atteindre 11,2 milliards de dollars US

ifr Service Robots 2020 a Messe MunchenLa valeur des ventes de robots de services professionnels a augmenté de 32 % dans le monde entier pour atteindre 11,2 milliards de dollars US (2018-2019). Cette année, le marché reçoit une nouvelle impulsion de la pandémie COVID 19 : en témoigne, par exemple, la forte demande de robots de désinfection, de robots logistiques dans les usines et les entrepôts ou de robots pour livrer les marchandises à la porte d'entrée. C'est ce que rapporte la Fédération internationale de robotique (IFR) avec la publication de l'annuaire World Robotics 2020 - Service Robots.

働き方の変革とハイブリッド・ワークプレイスの台頭

km 800 olaf lorenz dsc0364"COVID-19をきっかけに、インテリジェントでコネクテッドなワークプレイスの必要性が変わったことを一つ挙げるとすれば、『CONNECTED』を大文字で書く必要が出てきたことです」と、コニカミノルタビジネスソリューションヨーロッパ デジタルトランスフォーメーション事業部 シニアゼネラルマネージャーのオラフ・ローレンツ氏は、「ハイブリッドワーク」の台頭と未来のワークプレイスへの影響について述べています。コニカミノルタビジネスソリューションヨーロッパのデジタルトランスフォーメーション事業部のシニアゼネラルマネージャーであるローレンツ氏は、「ハイブリッドワーク」の台頭と今後のワークプレイスへの影響について次のように述べています。

キーポイント・インテリジェンス、CMYKを超える必要性とニーズに対応した新しい調査を発表

キーポイント・インテリジェンスは、「CMYK Plus: Commercial Printing Demand, Needs and Opportunity Assessment(CMYKプラス:商業印刷の需要、ニーズ、機会の評価)」と題する新しい調査を発表しました。この調査では、ホワイトインク、ネオンカラー、メタリックインク、スポットカラー機能、セキュリティ用カラーなど、CMYKプロセスカラーを超えるサービスに対する市場の需要を定義します。

産業用インクジェットプリンティングは、パンデミックにも強いことが証明されています

kaocollins 工業用インクジェットインクの製造・供給を行う大手企業である花王コリンズは、コロナウイルスの大流行がビジネスと世界経済を混乱させ始めてから 6 ヶ月の間に、インクジェット印刷業界の高業績セグメントと低業績セグメントの重要な傾向を特定し、分析しました。

京セラ調べ:デジタル文書管理で1日2時間の作業時間を短縮できる

ドイツやオーストリアのほとんどの企業では、オフィスワークはいまだに紙ベースで行われています。これは、京セラドキュメントソリューションズが最近委託した調査結果です。調査で質問されたオフィスの従業員によると、デジタルアーカイブソリューションを導入することで、1日あたり最大2時間の作業時間を節約できるという。

コロナ後の回復で「ロボティクススキル」の需要が高い

2022年までには、世界の工場で400万台近くの産業用ロボットが稼働すると予想されています。これらのロボットは、ポストコロナ経済を加速させるための生産の自動化に重要な役割を果たすことになる。同時に、ロボットは熟練労働者の需要を牽引している。教育システムはこの需要に効果的に適応しなければならない、と国際ロボット連盟は述べています。


  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 1949人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.