05262020
Last update日, 24 5月 2020 3pm
>>

ヘンケルの排出削減目標が「科学的根拠に基づく目標イニシアティブ」で承認される

気候保護への貢献を加速するというヘンケルのコミットメントの一環として、ヘンケルは科学的根拠に基づいた排出削減目標を定めました。これらの目標は、パリ協定の目標を達成するために必要なレベルと一致しているとして、最近、科学的根拠に基づく目標イニシアチブ(SBTi)によって承認されました。


メッツ委員会、魚類の回遊ルートを自然化

ヨーロッパを代表するプレミアム・フレッシュ・ファイバー・ボードの生産者であり、メッツァグループの一員であるメッツァ・ボードは、WWFフィンランドおよび開発・輸送・環境地域センターと協力して、流水域の魚の生息地を回復するプロジェクトを開始しました。フィンランド中央部のエーネコスキ(ÄÄNEKOSKI)にあるメヘンコスキ急流の工事が5月初旬に始まり、1ヶ月間の工事期間が見込まれています。

Stora EnsoとCordenkaがバイオベースの炭素繊維材料を開発するために提携

Stora Enso社とCordenka社は、バイオベース炭素繊維の前駆体を開発するための共同開発契約を締結した。この共同開発は、輸送、建設、発電における高性能炭素繊維へのニーズに後押しされています。

Metsä Boardは、EcoVadisから最高のサステナビリティ評価を受けました。

メッツァグループの一員であり、プレミアムフレッシュファイバー板紙のヨーロッパ有数の生産者であるメッツァ・ボードは、同社の持続可能性と企業の社会的責任が評価され、エコヴァディスからプラチナレベルの評価を受けたことを誇りに思っています。メッツァボードは、段ボール紙・板紙、紙・板紙容器の製造業で評価された企業の中で、100点満点の82点を獲得しており、上位1%の企業の中に入っています。

CO2補正を成功させる-京セラは気候変動に左右されず、プラスのバランスをとることができる

京セラドキュメントソリューションズは、長年にわたり、環境にやさしいドキュメントプロセスを追求してきました。同社が2013年から提供している「クライメイトニュートラルトナー」に加え、ハードウェアのCO2排出量を半年間オフセットすることにも成功している。年度末には、プリントグリーンプログラムの見直しにより、25万トン以上のCO2排出量を報告することができ、これはケニア、マダガスカル、ネパールでの国際的な気候保護プロジェクトへの投資で相殺されます。

SCREENの2030年度温室効果ガス削減目標が「Science Based Targets (SBT)イニシアチブ」の認定を取得

株式会社SCREENホールディングスは、2030年度に向けて設定した当社の環境目標の一つである温室効果ガス削減目標が、「Science Based Targets※1イニシアチブ」の認定を取得しましたので、お知らせいたします。

ヘルシンキ・エネルギー・チャレンジは継続 - 登録段階の延長

コロナウイルスはヘルシンキの気候作業を止めない。COVID-19パンデミックの影響で国際ヘルシンキ・エネルギー・チャレンジのスケジュールが変更されたが、競技のプロセスは変更されていない。

「Fujisawa SST」が本格始動 街を育む中核拠点「Fujisawa SST SQUARE」が完成【動画ニュース】

Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)は、Fujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)の持続的な街の発展とコミュニティ醸成の中核を担う拠点Fujisawa SST SQUAREを本日開業し、グランドオープン式典を挙行しました。Fujisawa SSTは、街を「つくる」から「育む」ステージへと移行し、くらし起点のエコでスマートな街として本格始動します。

キヤノンサステナビリティレポート2014を発行

キヤノンは、2013年度にキヤノングループにて実施したCSR活動を紹介する「キヤノンサステナビリティレポート2014」を発行しました。

キヤノングループは、「高度な技術力」「グローバルな事業展開」「専門性のある多様な人材」を有効に活用し、よき企業市民としてよりよい社会の実現に貢献するという活動方針のもと、CSR活動を推進しています。

米国・Applied Materials社と同社の研究施設「META Center」における共同開発契約を締結

株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズはこのほど、Applied Materials, Inc.(本社:米国・カリフォルニア州サンタクララ/以下、Applied Materials社)との間で、Applied Materials社の新たな研究開発拠点であるMaterials Engineering Technology Accelerator(META Center)でのプロセス開発におけるコラボレーション契約を締結しました。この合意により、当社のウエハー洗浄技術に関する専門的知見と、マテリアルズ エンジニアリングのソリューションにおけるApplied Materials社のリーダーシップとの相乗効果によって技術開発を推進します。

「Fujisawa SST」が本格始動 街を育む中核拠点「Fujisawa SST SQUARE」が完成【動画ニュース】

Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)は、Fujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)の持続的な街の発展とコミュニティ醸成の中核を担う拠点Fujisawa SST SQUAREを本日開業し、グランドオープン式典を挙行しました。Fujisawa SSTは、街を「つくる」から「育む」ステージへと移行し、くらし起点のエコでスマートな街として本格始動します。

キヤノンサステナビリティレポート2014を発行

キヤノンは、2013年度にキヤノングループにて実施したCSR活動を紹介する「キヤノンサステナビリティレポート2014」を発行しました。

キヤノングループは、「高度な技術力」「グローバルな事業展開」「専門性のある多様な人材」を有効に活用し、よき企業市民としてよりよい社会の実現に貢献するという活動方針のもと、CSR活動を推進しています。

北海道清水町におけるメガソーラー稼動・竣工式開催の件

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、100%子会社の三峰川(みぶがわ)電力株式会社(以下「三峰川電力」)による北海道清水町(以下「清水町」)でのメガソーラー建設が、第一期2013年11月及び第二期2014年1月に完工し、商業運転を開始したことを受け、本日竣工式を開催致しました。事業主は三峰川電力100%となります。

本事業は、清水町の協力のもと遊休地5箇所を賃借して、合計出力4.3MWのメガソーラーを建設・運営するもので、得られる年間発電量は、一般家庭約1,300世帯の年間電力消費量を見込んでいます。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し、北海道電力へ売電しております。


  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 1152人 と メンバー0人 がオンラインです

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.