07112020
Last update水, 08 7月 2020 11am
>>

ケーニッヒ&バウアー、バーチャル印刷フェアで受賞シリーズを祝う

新ラピーダ世代がiFデザイン賞とレッドドットデザイン賞の両方を受賞

技術的なハイライトと視覚的なハイライトを組み合わせた枚葉オフセットのフラッグシップ
一貫したブランドマネジメントが評価され、ドイツブランド賞を受賞

ケーニッヒ&バウアー社は、新世代のRapida印刷機で、インダストリアルデザインの力を誇りを持って証明しています。同社の枚葉オフセット印刷機ポートフォリオの新しいフラッグシップ機は、すでに2つのデザイン賞を受賞しています。また、ブランドマネジメントのコンセプトを一貫して実施していることも、コンペティションの審査員から高い評価を得ています。バーチャルフェアイベント「Koenig & Bauer LIVE」では、良いニュースが飛び込んできました。

6月22日のレッドドットデザイン賞の発表は、ケーニッヒ&バウアーLIVEの2週目の幕開けとなりました。オンラインストリームとして放送されたこのイベントは、印刷業界向けの最新の革新的な製品を紹介する絶好の機会となりました。特に目を引いたのは、オフセット枚葉印刷セグメント向けの新世代Rapida印刷機です。"ケーニッヒ&バウアーの執行役員であり、枚葉印刷事業部のCEOであるラルフ・サンメック氏は、製品のプレゼンテーションの中で、「当社が新たに開発した機械は、技術的な面だけでなく、デザイン面でも印刷工場の新たな基準を打ち立てるでしょう」と述べました。

明確なライン、広々としたガラス面、そしてケーニッヒ&バウアーのブランドカラーが特徴的な全体的な外観は、国際的なレッドドットデザイン賞の審査員を納得させました。審査員は、Rapidaをこのカテゴリーの「ベスト・オブ・ザ・ベスト」と評価し、この功績を称えてコンペティションの最高賞を授与しました。さらに、ケーニッヒ&バウアーは、2月に新世代RapidaのiFデザイン賞の受賞者としてすでに発表されています。ベルリンのフリードリヒシュタット・パラストでの授賞式は、当初5月に予定されていましたが、その後、コビド19の大流行の犠牲となりました。

世界最古の印刷機メーカーであるこの印刷機メーカーは、新世代の枚葉オフセット印刷機を導入したことで、2017年に始まったケーニッヒ&バウアーブランドの刷新に、さらにもう一つの決定的な側面を加えました。機械設計の面でも、同社はこのブランドアイデンティティの強化に取り組んでいます。"ブランドアイデンティティの一貫した実施は、製品デザインに関しても同様で、印刷業界のリーディングパートナーとしてのケーニッヒ&バウアーの主張を強調しています」と、ケーニッヒ&バウアーのコーポレートコミュニケーション&マーケティング責任者であるダグマー・リンゲル氏は述べています。
www.koenig-bauer.com

 

comments
  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 1189人 と メンバー0人 がオンラインです

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.