01232021
Last update月, 01 2月 2021 12pm
>>

図書館向け書籍管理用の細型UHF帯ICタグラベルを開発

alt両面接着加工でページの間に隠れるため利用者による取り外しを防止

EFE-0231-FESPA-630x120 v2

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、両面接着加工を施し、ページとページの間に貼り込むことで利用者による取り外しを防止する細型の書籍管理用UHF帯ICタグラベルを開発しました。この製品は、積層しても読み取りが可能で、大学や地方自治体の図書館向けに、2013年6月20日に発売します。

【製品化の背景】

図書館は、所蔵品管理の効率化や不正持出防止を目的として、ICタグによる書籍管理システムの導入を進めています。しかし、従来の書籍管理用ICタグはクレジットカードのような形状であり、一部の利用者がICタグを取り外して、書籍を持ち去ってしまうという問題がありました。

これを解決すべくDNPは、長さ100mm・幅5mmと細長く、両面接着が可能で、書籍のページの間に貼付すると目につかなくなるICタグラベルを開発しました。

【細型UHF帯ICタグラベルの特長】

書籍のページ間の奥にICタグを貼り込むため、書籍の内容を隠しません。また、簡単に貼り込むことができます(ICタグラベルの片面のカバー紙をはがし、書籍のページ間に奥まで押し込んで一方のページに貼った後、反対面の台紙をはがして、もう一方のページに貼れば完了です)。

<ICタグラベル及び貼付方法に関する特許を取得済>

書籍のページ間に貼ることでICタグラベルが隠れるため、利用者による取り外しが防止できます。

約8mの通信距離性能を保持しており、数冊の本を重ねた状態でも読みとることができます。図書館業務だけでなく、店舗におけるゲート通過時の不正持出検知やモバイル型リーダーライターを利用した棚卸業務などにも利用できます。

950MHz帯だけでなく、920MHz帯の周波数にも対応しています。

【仕 様】

型番

UL-18

適応規格

ISO/IEC18000-6 TypeC

サイズ

長さ100×幅5×厚さ0.1mm

対応周波数

920MHz帯、950MHz帯

通信距離

約8m (4W-EIRP)

【参考価格】(税抜き)

10万枚ロットで1枚30円

www.dnp.co.jp

comments

Related articles

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 2069人 と メンバー0人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.