01182021
Last update月, 01 2月 2021 12pm
>>

大日本スクリーン製造株式会社とCGS ORIS、新技術を用いた効率的なCxFスポットカラーマッチングソリューションを共同開発

Truepress Jet L350UV SAI シリーズのユーザーに大きなメリットをもたらす技術です。

大日本スクリーン製造株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大野 潔、以下「大日本スクリーン製造」)とCGS ORISは、メーカーの異なるデジタル印刷機を含めたデジタル印刷機間、およびフレキソ印刷機とデジタル印刷機間で、高効率なアルゴリズムを用いてブランドカラーを正確に伝えるための独自のカラーマッチングソリューションを共同開発しました。従来、CxFと呼ばれる色交換フォーマットは、色の精度を評価するために何度も印刷を行う必要があり、効果的ではありますが、時間のかかるプロセスでした。新アルゴリズムは、限られた測色データからハーフトーンを素早く予測し、CxFデータを自動生成します。
この新技術は、CGS ORIS CxF Toolboxで利用可能で、カラーを迅速、確実、かつ安全に保存、編集、伝達するためのソフトウェアソリューションです。オペレーターは、カラーチャートを作成し、測色データをCxF Toolboxに入力するだけでよい。データが入力されると、システムが自動的にCxFデータを生成します。オペレーターのカラーに関する専門知識は最小限で済みます。CxF Toolboxは、CGS ORISが提供するクラウドベースのプラットフォームであるCGS ORIS Color Cloudに接続されており、保存されているすべてのCxFデータを通信することで、世界中の許可されたユーザーがいつでも情報にアクセスできるようになっています。
"ラベルやその他のパッケージに印刷されることの多いロゴを正確に再現するためにプリンタに依存している多くの企業にとって、正確なカラーマッチングは不可欠です。色が違っていれば、ブランドは成り立たない」と、SCREEN Americasのマーケティング担当副社長であるMark Schlimmeは述べています。"SCREEN GAとCGS ORISの提携は、パッケージ印刷会社が印刷技術全体で色を合わせる方法に革命をもたらすでしょう」とSchlimmeは述べています。
Truepress Jet L350UV SAI シリーズのユーザーは、新しい CxF 技術により、熟練したオペレーターの必要性がさらに減り、色精度を達成するための全体的な生産時間が短縮されるため、今回の新たな提携の恩恵を受けることができます。Truepress Jet L350UV SAIシリーズは、ラベルや板紙に最適な「Truepress Jet L350UV SAI」シリーズで、高価格帯や高級帯の混載短納期印刷のニーズに応えて開発されました。飛躍的に豊かな色表現と優れた拡張性を実現しています。
www.screenamericas.com

 

comments

Related articles

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 4922人 と メンバー1人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.